電話というやっかいな存在

 

突然ですが、わたしは電話が苦手です。近しい人からでの電話でも、わりかしに無理。

直感的にイヤなのだけれど、考えてみると色んな理由がありました。そして、どうやら自分だけの現象では全くないようで。

電話好きとは、分かり合えない

Zoom飲み会なんかが流行るご時世なので、狭い世界内での顔出しオンラインコールには慣れてきましたが、しかし電話に対する苦手は治らない。あれは、『藪から棒に声爆弾を投下する行為』という認識だから。相当近しい人でも、あまりにも急だとわりと居留守を使ってしまいます。家族でも、チャットで済ませられるものは済ませたいなと思ってしまいます。

電話がコミュニケーション上で最速ツールだった時代は確かにあった。今でもレスポンスを取得するためには最速かもしれない。でも、そのコストを相手に支払わせる必要はありますか?その時代に成功体験を得た人はそこから進めなくなるのですか…? その地に安住している人はどんどん減っているのに…?

若い人でも電話を好む人は一定数いて、LINEコールがかかってくることもありますが、それも同じこと。コール(と無駄に軽率に作られるグループチャット)がイヤでLINEを消した時期もありました…。

電話を好む方々がいる事実は十分わかっています。電話を楽しい、容易、便利な経験だと捉えている人と、負担だと思う人ではお互いに分かり合えることはないのかもしれない。もっと若い頃に『電話が嫌い→自分と直接話したくない』と捉えられて、誤解を解くために大変苦労したこともあります。(しかし、そのゴネ方、今ならスルーする案件だったかもしれない。当時のわたしは、無条件に自分のかけらを他人に渡すくらい、むやみに優しかった。)

「出たら出たで平気なんだけど、電話が鳴ると自分の空間に突然攻撃が仕掛けられてくるような感じがする。怖くて億劫で出られない。」と友人も言っていた。もちろん、チャット上で。わたしと友人関係をやっているくらいの人だから、さもありなん、という感じです。

電話をして安心したり、メンタルポイントを回復するなんて、よほど稀。そんなことになったら、それはもう恋かもしれない。「あなたと電話するのは苦じゃないし、楽しいよ」と言えたなら、それはもう愛の告白。

必然的な電話はでますよ、ええ。

仕事ではもちろん電話をすることはあります。初めましての方に自分の人柄や話し方をわかってもらったほうがいい時や、急ぎ案件の打ち合わせか、込み入った議論か、記述に残らない方がいいオフレコ内容か…。もちろん待ち合わせ場所にて、どの方が相手か確認する必要があるのだったら、もちろんこちらからでもかけます。アマゾン配達員からの電話も、番号を登録した上で即座に出ます。(いつもありがとうございます。)

電話である必然性がある時はいいのです。そういうところまで拒否するほどの嫌悪感を持って主張したいわけじゃない。ただ、今話さなくていいことでも、メールに残した方がいいだろうことでも、なんでも電話で済まそうとしてくるのは、ただただ辛い。

ただ、なんであなたが面倒くさがって口頭で終わらせた内容を、わたしがメールにまとめて再送する必要がある…? というやるせない気分はなるべく味わいたくない。

電話は、目の前にいない人が自分の現在に予告なしで介入してくるメディアで、かつ視覚の非言語コミュニケーションがすっぽり抜け落ちるメディア。人付き合いの都度、脳内でパターンを設定し、気合をいれて挑まないとうまく振る舞えないわたしのような人間には、とても相性が悪い。

電話の何が負担なのか

個人的にコストの大きい要素を1位から挙げてみると

  1. 自分がどんな気分だろうが何をしてようが、応答を即時求めてくる(時間の略奪)
  2. 見えない相手の表情やふるまいを想定して声色を調整しなければいけない(反射的な社交性)
  3. 出られなかったら、かけなおしタスクを頭の片隅に置いておかなければならない(精神的な拘束)
  4. 図やふるまいで簡単に表現できることを言葉を尽くして説明しなければならない(視覚性が無い)
  5. 結局あとで文字に直してまとめる必要があったりする(アーカイブが面倒)

となります。

2番は電話嫌いの間でも意見が割れるポイントかもしれませんが、普段から気を使いすぎ傾向の人間の特徴なのではと思います。一枚岩のアイデンティティとそこに付随する振る舞いが意識しないでも表出する人はそういう考慮をしないはずなので。まぁ、「この人付き合いの中で一番正解なのはどのキャラか」なんていちいち頭で考えて振る舞っている人って少ない、とは思います。しかし意図的にキャラ、あるいは「分人」(出典:平野啓一郎)を使い分けてクルクルふるまいを変える人間にとって、相手が好むだろうコミュニケーションを予測することが難しいんです、電話。

また、そもそも外部に向かうコミュニケーションエネルギーの容量がそんなに多くないのに、相手の反応を観察しつつ反射的にやりとりするから、対面コミュニケーションですらも脳CPUを圧迫する行為です。わたしにとって電話はそれ以上に社交力をかき集めて対応しなければならないものなのです。その面チャットやメールや手紙は、コミュニケーションへの応答タイミングを主体的に選べるから、その反射的応答にかかるコストが節約できます。

余談ですが、立食パーティが最悪的に苦手だとか、数年ぶりにあった人に対して人見知りするのは、電話に対する苦手意識に通じるものがあります。数年ぶりにあった人、どのキャラで以前接したかを忘れているから辛い。

まさにこの感じ。(峰なゆか『アラサーちゃん無修正』 、巻数は失念…)

 

人の言葉を借りてくると

はてな匿名ブログで、同じ主張をもっと強烈に行っている人がいました。このエントリでは、『不在着信だけ残す人』と『いきなり電話してくる人』を “電話野郎” と呼んで、それがなぜ迷惑かを説明しています。

気が小さいので、強い言葉は他人の言葉を使おうと思います。それでは、どうぞ。

・あなたの電話は迷惑行為だ

・電話は相手を物理的に拘束する行為だ

・電話は相手を精神的にも拘束する行為にもなりうる

・なんでもすぐ電話してくるな

・電話ですぐ済まそうとするな

・事前に要件をいえ

・事前に言えないなら留守電なりなんらかの形で要件を残せ

・話したいなら事前でも事後にでも相手に伝える努力をしろ

・親しいあの人も迷惑だと思っているぞ

・いまはそうでなくでも思うときがいつか来るぞ

・どうか相手の都合を考えてください

『不在着信だけ残すのといきなり電話してくるのは相手の時間と行動を拘束する行為だからやめてくれ』

お願いが、丁寧。エントリ主、いい人なんだろうな。

 

不在着信に関しては、そもそも折り返さないので面倒くささを共有できなかったのですが、要件を言え、はいつも思います。「○○日、ヒマ?」っていうメッセージと同じ。自分と同じ分厚さのコミュニケーションを暗に期待してくる人とはやっぱり関係が遠のいてしまいますね…。

最後に、カード会社へ

上のエントリに書いてあるように、

  • いきなりの電話は基本でない。
  • 留守電のメッセージがない不在着信だけの場合は折り返さない。
  • 不在着信は気にしない、無視する。

を実行しているので仕事先や友人の突然の電話の対処は大体わかってきたのだけれど、やっかいなのは、カード会社からの不在着信。カードの不正利用のお知らせと、リボ払いのキャンペーンを同じ番号からかけてくるのをやめてくれ…!! 

知らない番号を検索したら、普段使いのカードの会社から…。最近海外でも使ったから何か問題が起こったのか!? と心配しながらかけ直し、徒労だったときのMPのロスを回復するのに半日かかる人間もいるのです…。

わかってるよ、わかってる…。わざと同じ番号からかけてるんだよね。着信拒否できないもんね、うん。

ちなみにさっき知ったんですが、カード会社から営業電話がかかってきたら「こういったサービス全般の営業リストから外してください」とお願いすると、そのとおり記録に残してくれるところもあるようです。