6年前の年間まとめが出てきたので2020年と比較してみる

 

Facebookが最近「過去のこの日」(On This Day)というサービスで数年前の同日の投稿を表示してくるようになりました。出てくるたびに、恥ずかしくて少しずつ投稿のプライバシー設定を「自分のみ」にしているミズカミです。

さて、本日表示されたのは、2014年の年間振り返りだったんですが、今年と空気感がほぼ同じでした。23才の自分と、一年の印象が全く変わらないとは、これいかに。成長、成長していないのか、わたし?6年って言ったら、小学1年生が卒業してしまうんだよ…?

とまぁ、愕然とするのは後回しにして、冷静に過去を振り返りつつ、2020年の自分と比較してみようと思います。

*-*-*-*-*-*-*-*

●2014年は地味にいろんな挫折をした年でした。タイミングとか運とか実力とか自分の性格とか日頃の行いとか。これまで目には入ってこなかった人生をとりまく色々なものが目に入って参りました。生命には全く危機は及んでないので普通にふくふくとしているのですけどね。
人の生命について、自分の存在意義、生活と仕事と金銭ってものについて、日本社会で生きるってことについて、自分の好きと得意と生き残る術…相も変わらずまったく金銭的価値は生み出さず社会のためにもならない思考ばっかりしていたのだけど、ぶつかって折れてもだえて、人間的に少しは陰険さが薄まったのではないでしょうか。
大人って、悲しみとか痛みとか不安とかいっぱい抱えて、それでもしゃんと立って普通の顔して生きてるんだね。すごいね。

あぁ、一緒だ、2020年も。コロナ禍でも全く自分の生命に危機なく、ただ自分の内面から生まれる悩みだけがあった。金銭的価値は生み出さず、社会のためになる行動にもつながらない思考ばかりしていた。一応ブログを書くようにはなったので6年たって半歩くらいは進んでいるみたい。

23才時点では、自分のことは”大人”ではないと思っていたんだな。現時点では、自分もいい加減いい歳なのでそんな甘えたことを言ってはいけないという自覚があるのは良いことです。

*-*-*-*-*-*-*-*

●大学を卒業しました。お情けで出してもらいました。成績をみたら、その偏りにびっくりする。
下見もせずに入ったので、というかそもそも大学を選ぶときに教授や授業や校風やファシリティや就職先で選んだのではなく、受験科目と偏差値で塾の担当官の方が決めたので(これみてる中学生高校生へ、それやっちゃだめ、絶対。これから大学を選ぶ人、進路を選ぶ人に伝えたい事がいっぱいあるよ。。)入学して3年半くらいひどい顔をしていたと思います。最後一年になって、この学校に入って良かったと思えました。今更大学周りに知り合いができたりで、やっぱり面白い人が多いところだったんだな、自分が殻にこもってただけなんだな、と分かりました。

好奇心と多動性に振り回されている様子がよくわかりますね。成績すれすれで、単位数ばかり膨らませるのは実は良い戦略ではないんだと気づいたのは、大学院受験をするためにGPAを計算する必要が出た時でした…。過去に戻って一言残せるなら、『身の程を知れ』と言いたい。

優先順位づけも下手くそだけれど、この時点ではそもそもその必要性に気づいていなかった可能性が高い。タスクマネジメントとライフハックの主要な本はだいたい網羅したので語彙と思考方法は現在身についているはず…。失敗が怖いという心理的ハードルを今年中に解体して、来年はもっとゴリゴリ実行作業をしたい。

*-*-*-*-*-*-*-*

●引っ越しました。実家から電車で20分ですけど。大学の先輩にあたる方から、運良く空きがあったシェアハウスを紹介していただき、そこのマネージャーと全然関係のないところで一度会った事があったおかげで面接免除。しかも一ヶ月入居待っていただくという恩情をかけていただき、スーツケースをごろごろして引っ越してきました。ルームメイトに恵まれ、ここに来なかったら会わなかったようなカッコイイ刺青お兄さんたちと和気藹々住んで、リビングに集まり泊まりする変な人と邂逅して。曲がりなりにも自分で生活してみて、実家生活では分からない様々なところに時間とお金を取られ、スーパーの食材の値段に一喜一憂し、やっと生きゆくための諸処を知りだしたところです。

当時は、本当に学歴社会の濃縮液みたいな交友関係しかなかったので、シェアハウスで様々な背景と考え方を持つ人と暮らせたのは自分の人間性を大きく成長させてくれました。旅が好きなメンバーが多かったので、共通の話題もありつつ、でもお互い妥協点を見つけて擦り合わせるのが共同生活というもの。喧嘩し、怒られ、生活を学びました。

現在住んでいるのは別の場所なのですが、去年末に引っ越してきたので学びの内容としては2014年とわりと近しかったです。このシェアハウスにはクリエイティブな人が多くて、やっぱり環境を変えてみないと見えないことがたくさんあります。

生活部分に関しては、解像度をあげようとしていた2014年と対照的に、むしろ効率化を頑張った一年でした。完全食ギョウザと無印良品のカレーばっかり食べていた気がする。

*-*-*-*-*-*-*-*

●就職しませんでした。どーん。色々理由はあるんですが…ま、まあ、なんか、、なんとか、(若くて健康で親が元気でまだきっとやり直し効くという確証があるという前提の元)生きる事ができています。Mac死んだときはどうしようかとおもったよ。ちなみに、これも、みんなのできることができなかったっていう挫折の一つではあります、後悔はしてませんが。ちょっとずつ色々なところからお仕事や知恵を頂いて、ちょっとずつ自分で何かを動かして、生きています。すこしずつ収束には向かっているのかという感覚はありますが、いずれにせよまず一つ腰を据えて取り組む事を見つけねばと思います。背水の陣的に、焦りがあることは、いいことです。

そっか、23才で背水の陣を感じていたんだね。今も感じているよ。アラサーのわたしより。

しかし、この歳になって「みんなのできることができなかった」へのコンプレックスがなくなったのは、とても大きい成長になりました。就活時期に、他人が割り切れているものに全然腹落ちすることができなくて孤立感を勝手に感じていたけど、悩みながらレールの上から降りられなかったから無理やり自分を枠にはめていたら多分心がここまで生き返ることはできなかったから、これでよかったんだろうな。

そもそもわたしの方が物事をみる解像度が高いから自分の不全にも気づいてしまう時が多かったのに、他人を勝手に完璧な存在としてみてしまっていたな…若かった。他人にも自分にも期待しすぎない技術って思っていたより大事だった。

履歴書にはもう穴しかないので、転職をするならだいぶ頑張らないといけないけれど、つきたい職もあまり無いので、もうちょっとフリーランスをしつつ分野の深堀を2年くらいかけてやっていきたいところ。

当時、どん底からひっぱり上げてくれたシェアハウスメンバーには感謝しかない。23才の自分の文章を読んでみて、改めてその気持ちが湧いてきました。

*-*-*-*-*-*-*-*

●事を動かすということを少しずつ試みるように成りました。自分から何かを企画してみたり、人の企画に参加して運営したり。
自分一人でやるか、完全な受け身でいたいという極端な性質だったんですけど、変わりたいと思ったのです。社会のなかで、自分のやりたい事は一人ではできないし、人の後ろばかりついていってはやりたい事をできない。小中学校で集団行動になじまず衝突し、高校で行事における主体性の感覚がわからず衝突し、大学でなるべく社会的活動を避けて過ごしてきたので、そのツケがこの年になって来襲しました。…人に自分の方針を伝えて、それを実行してもらうて、なんて難しいの。私は表情が薄いのと、目が据わっているように見える顔のパーツの配置をしているので、「落ち着いてる」だの「堂々としてる」だの言っていただける事もあるんですが、そんな事はなくて、常にわき汗がひどいです。どんな状況をもおもしろがれる大人になりたいです。

そういえば、当時シェアハウスの共有スペースで言語交流の会とか自主開催してたなあ…。23才、思っているより社交力あるじゃん?役割を与えられた方が生き生きするタイプであるというのは大きな動力でもあるだろうけど…。

でも人に物事をお願いすることができるようになった、のはそういう自主開催のイベントを始めてからでした。力の配分の仕方がわからなくて自分で全部抱え込んでいた学生時代からみると、20代前半で今の自分の土台ができている気がする。

あ、『どんな状況をもおもしろがれる大人になりたい』というのは、叶ってますね、はい。

*-*-*-*-*-*-*-*

●とはいっても、有限な時間とか言っといて相変わらずすごい寝るし、セルフブランディングしなきゃって思っても相変わらず身長あたりの日本人平均より十何センチもヒップ大きいし、今年後期目標「集中と完成」は結局達成感ゼロだし、ひどい有様ですけど、こんな人間でも生きられているので、皆様におかれましてはもっと自信もって生きていかれても大丈夫だと思います。

なぜ自分のヒップサイズに言及しているのかはよくわかりませんが、コンプレックスだったんでしょう。あれかな…アフリカ旅行に行った時に、全身グラマラスな現地人と下半身だけ同じサイズだったことがショックだったのかもしれません。

2020年時点では運動をして体幹と姿勢が人並みに改善されました。筋肉は友達。

「集中と完成」はいまだに課題ですが、期待値を減らし段取り力を上げられたので、2021年には70%まで持っていきたい。2014年時点でゼロって言ってるから、2021年70%が達成できたら年間10%の成長になるね。株だとしたらだいぶ優良。

そんな自分に、わたしはなりたい。

おわり。