ついに美味しいプロテインのレシピを見つけたかもしれない

 

去年の中旬から、プロテインを飲んでいる。

30才を手前にして筋トレをし始めたこと、いつも体がだるいので栄養改善をしたいと思ったこと、歯列矯正をしていて食べ物をしっかり噛めないことが理由だ。五感を満たすことを生きがいとし、食の宝庫・関西地方で肥えてしまった舌をもつわたしにしたら、効率を追求した栄養補助食品を毎日飲むなんて、とんだ妥協だった。

だって、美味しいと思えないんだもの、プロテイン。

言われているほど、マズイわけではないと思う。吐きそうになるなんてことはない。ただ、プロテインを飲んで、味覚で幸せになれたことはなかった。積極的に「これを明日も飲みたい!」とも思えない。修行のような気分で摂取するものでしかなかった。

たぶん、アスパルテームという人工甘味料の味がどうにも好きになれないのが大きい。砂糖の甘さと違って、少しの苦さと共に下の上に広く残る。もっとすっきりと飲み干したいのだけれど、どんな爽やかそうな名前のフレーバーを選んでも、期待するすっきり感は得られず、舌の真ん中あたりににがーい気持ち悪さがのこるのだ。

プレーンのホエイ味は、まだ大丈夫だった。脱脂粉乳の味は、けっこう好きだ。昔の話だけれど、コーヒーに入れるクリープをこっそりおやつに食べていたくらい。

 

それをしばらく常用していたところで、革命が起こった。まるで味覚に光が差したようだった。プロテインを美味しく飲める日が、来るなんて。

そのレシピがこれ。

 

  • My Protein ナチュラルストロベリー味: スプーン大盛り1杯
  • Savas ヨーグルト味: スプーン大盛り1杯
  • プレーンのヨーグルト: 400gパックの半分
  • 水:プロテイン量に適した分

 

(まさか自分のブログにプロテインのリンクを貼る日が来るとは思わなかった…)

 

先月、新しい味のプロテインを2種類手に入れたことが始まりだ。肩(自転車で大転倒して負傷した)をみてもらっている整骨院の先生のおすすめ My Protein ナチュラルストロベリー味と、「味がどうしても無理だからあげる」といってわたしのボス・にゃん子大将(登場人物をご参照ください) がくれたザバス ヨーグルト味。

その2つを、気まぐれに混ぜてみたときのこと。

…んん、甘さがちょうどいい。

マイプロテイン ナチュラルストロベリー味は甘さ控えめで、ザバス ヨーグルト味は標準的な甘さに加えて酸味がある。まだアスパルテームみはあるけれど、むやみに甘ったるくなくて、そしてちゃんとイチゴらしい爽やかさがある。

酸味がもう少しあったらいいな、とおもってヨーグルトを少し足そうとした…らドバッと入れてしまったので、そのまま混ぜる。それが功を奏したみたいで、かなり自然なフルーツスムージーのようになった。一口のんで、まさかの「えっ、美味しい」という言葉が出た。

これなら、飲める。飲み続けられる。

コクというより酸味が大事なので、安いヨーグルトで大丈夫。カロリーOFFのヨーグルトでもいいかもしれない。

わたしは飽き性なので毎日同じものを摂り続けるのはきついけど、少なくとも「はぁ、またアレを飲まないといけないのか」と思わなくてすむフレーバーを確保できたのは大きい。

また、酸味を足すといいことがわかったので、ヨーグルトとその他レモンなどでいろいろ実験してみたいな。