偏屈で繊細ではずかしかった私の30年間まとめ

 

自己紹介記事はいくつか書いてきたけれど結局全体像が把握できないだろうというので、一覧できるようにしてみました。ひとつひとつの記事ではすっ飛ばされている前提が、ここで補完されたらいいなと思います。

でもまぁ、我ながら長い……!  ちょっと余分に自己開示しすぎな気もするのであとでバランスを考えよっと…

経緯

  • 関西都市郊外育ち
  • 保育所から大学まですべて公立
  • 物心ついたら公文式
  • 両親ともに教師: 熱心・一生懸命⇄怒り気味・過干渉気味
  • 祖父母両親親戚に破綻者はほぼいない
  • ただ家族親戚の常識とわたしの好奇心は相容れない
  • 共働き家庭なので家事は相当小さい時からやっている
  • 学校での人付き合いが難しかった
  • 言葉と趣味と大事にしていることが同級生と合わない小学生
  • 休み時間は図書室かウサギ小屋によくいた
  • 「虫が好きとかキッモ!」と言われて10年ひきずる
  • ボス気質の女子とぶつかりがち
  • 先生には「この子は強いから」と放置されがち
  • いじめ半分、避けられ半分で孤立感を深める
  • 忙しさと教師の義務感なのか、親に学校は休ませてもらえなかった
  • 全科目において優等生ではあった
  • でも描いた絵を「うわこの色キッモ!」と言われむやみに傷つき10年ひきずる
  • 親の本棚は自由に使えたし、教育は気づいたら施されていた
  • 芸術に親しむ機会もあった、旅行も連れていってもらっていた
  • 習い事もしていたし女だからといって教育格差を感じたこともない
  • 勉強は努力したらできたし、生存戦略としてそこにしがみついた
  • 読書感想文や美術のコンテストで佳作程度の賞をとりがち
  • 周りを観察して同じようにふるまおうと頑張り失敗するのを繰り返す
  • イケイケ女子が多いことを知らずに、テニスがしたいからとテニス部に入る
  • ファッション大好きショッピング大好き恋愛至上主義なテニス部員たちに合わせようとして挫折
  • ダブルスなのに、ペアの子とうまくいかない
  • 地区大会トーナメント16位という微妙な成績を残す
  • 「親友」ができたけれどすぐ掌を返され悪口を振りまかれたため15年ひきずる
  • 勉強は適当に全部できた
  • 感慨なく地元の進学校に合格する
  • 出る杭のような人も堂々と楽しげにしておりどう振る舞っていいかわからずに怯える高校時代
  • 美術部が楽しい、絵を描くのが楽しい
  • みんなでキラキラ頑張る体育祭が難しい
  • メンタルの危機: 授業に出ず映画を見にいったり美術準備室に隠れたりしており出席日数が卒業ギリギリに
  • 数学があまりにもできなくて第一志望の大学に落ちる
  • 行きたい大学に行けなかったことで目標と将来のビジョンを失う
  • 言語系の大学に入学し、全く身の入らない大学生活を送る
  • 親の反対を押し切り、一人バックパック旅を始める
  • 親の反対を押し切り、発展途上国でNGOインターンをする
  • 結婚式写真のアルバイトから本格的に写真を始める
  • 心に余裕がない時にビジネス出身のゼミ担当教授に突っかかる
  • メンタルの危機: 声は聞こえても何を言っているのかわからない、大学に行けない
  • 休学して旅に出る
  • 旅が楽しい
  • 好き放題している時なら意外とコミュニケーションが取れることに気づく
  • 意外と人好きであることに気づく
  • かなり元気になって帰国
  • 途上国関連のボランティアや平和活動の学生グループに関わる
  • 旅の途中で出会った外国人と下手くそな遠距離恋愛をする
  • 就活がわからない
  • 東京でブラックインターンを経験し企業勤めに絶望する
  • 就職しそびれる
  • ギリギリ卒業する
  • 怒られたくないから実家をでてシェアハウスに移る
  • 積読をベッドで消化する毎日
  • 家賃が払えなくなるほどお金がなくなる
  • 仕事を手伝うかわりに家賃を免除してもらう
  • 処世術や個人事業主としてのスキルを学ぶ
  • シェアハウス住人づたいに仕事が増える
  • 後付けで自分にあった仕事とやりたいことがわかってくる
  • お金がたまったのでイギリス留学をして人類学をまなぶ
  • タブーに興味があることに気づく
  • 天気の悪さと目減りする貯金と劣等感でメンタルの危機
  • 家から出られなくなりカウンセリングにかかる
  • 期末レポートを再提出する
  • 若干、性が乱れた結果なぜかとてもいい人に好かれて付き合うことに
  • ギリギリ卒業する
  • 帰国してインバウンド観光ベンチャーに参画したら2ヶ月で決裂
  • 歯科矯正を始める
  • 親とつまらないことで激突し、2年間の冷戦期に
  • 海外移住を考えていたらコロナがやってくる
  • 仕事がほぼなくなる
  • 留学前から付き合っていた外国人との遠距離交際が潰える
  • 自分を見直しこの後の身の振り方を考える
  • 生きづらさ、しんどさの原因を根本解決することを決意する
  • Tinderでひたすら聞き取りをし、性愛のデジタルフィールドワーク的なことをする
  • 自分の性格・特性・欲求に耳をすませる
  • 精神科にいってみて発達障害傾向を把握する
  • 2012年から切っていなかった髪の毛を60cm切る
  • ライフハック・タスクマネジメント・メンタルケア関連本を読み漁る
  • 筋トレを始める
  • 認知行動療法を自分でやってみる
  • 自分のアイデンティティの再構築をはじめる
  • 心が整う
  • 自己開示を頑張り始める
  • 親との関係も瓦解する
  • 数年かけて取り組みたいことが明確になってくる[いまここ] 

コロナ禍の中で自分の内面を見直して再構築するまでずっと、「恵まれているけど幸せじゃない」って思ってました…。総合的に見てみると、家族の質とか経済状況とかに関しては、処世術に優れた人だったらかなり昔からレバレッジを利かせて楽しくやってこれただろう環境に生まれてはいるので。

幼少期は不遇だったところから戦略的に成功した百獣の王・武井壮さんとか、お金がなかった子供時代から商才を発揮していたYoutuberリベ大・両先生を見て人生を比較してみると、結局自分が苦労してきた原因は環境ではなくて、自分自身の繊細さと偏屈さと不安だった。楽観的にとらえられない正確なのはいまもだけど、視点を変える技術がない当時は特に、ささいなことで傷つきっぱなしだった。

まぁ、生育環境の逆境にもへこたれずにたくましい心を持ち明るく育つ人もいれば、統計上とても恵まれている環境に位置していても、戸惑い傷つき底辺をさまよう人もいるということですね。メンタルの危機が複数回あるけれど、病院には結局かからないままなので、正確な当時の状態とかわかんないままです。ずっと怒りと悲しみをかかえていたよ…そんなに重く考えずに自分が楽しくなる視点を身につけてあげられていたらもっと楽しかったんだろうな。

でも今、大人になり自由に動きまわることで認識が変わって、愉快に生きていけるようになって本当によかった。楽しいです。

性格とその変遷

  • 努力すればなんとかなると思っていた
  • 人の協力を仰ぐのが苦手
  • 物言いが直接的だから無意識に正論で人を殴りがち
  • それで人が嫌がるのは理解できない
  • ゆえに避けられる理由も理解できない
  • 腹落ちしないと親の言うとおりにできない
  • 口答えするなと言われつづけ、徐々に自分の主張がなくなる
  • でも人に溶け込めるわけでもない
  • 自分は出来が悪いと思い込む
  • すべての失敗を「自分はダメだ」と帰結させる
  • よって問題解決思考が育たない
  • 自分で判断できない
  • すべてに自信が持てないし自分の状態が恥ずかしい
  • 優先順位づけが下手だが体力&時間で無茶をして解決する
  • 他人が設定したゴールに向かって高得点をとることでしか成功体験がない
  • 自虐的・冷笑的に構えがち

       ↓

  • 自分の精神的傾向にラベルがついたことで客観的に把握できるようになる
  • 言語化した課題点から対策を取れるようになる
  • 無茶が効かなくなってきたことを自覚しタスクマネジメントを意識
  • ずぼらだからこそ効率化が大好き
  • 自分が楽であることが一番
  • 脳内の忙しさが不安から冷静な思考に変化
  • 人には人の理由があるので合わなくてもしょうがないよねと思える
  • 自分のできないことを諦めて他人にお願いすることができる
  • 自己開示のモードに意識的になれる
  • 好きなことしかできない

ここ数年での精神的成長がすごい。30歳になった時に「憑物が落ちた」ように感じたくらい。30歳までグズグズ引きずらなくてすむタイミングもあったのかもしれないけれど、深く悩んでよかったこともある。他人の悩みにも寄り添いやすいはずだし。とにかく、探索期に設定していた20代になんとか回収できてよかった。

多分、だいたいこんな感じです。

今後、モチベーショングラフ(人生曲線)書いてみたいな。